ゴミ屋敷は心にも悪影響!改善するなら大阪の業者へ依頼

ゴミ屋敷

当たり前のことを放棄してしまう住人

散らかっている部屋

人が生活をしていくうえで掃除やゴミ捨ては当たり前に行われているものです。毎日生活していれば部屋が汚れていくこともありますし、ゴミが出てきてしまうのも当然です。部屋を生活できる状態にキープするためには嫌でも掃除やゴミ捨ては行わなくてはならないのですが、それら必要な作業を放棄してしまうことでゴミ屋敷を作り上げてしまう住人もいます。
「セルフネグレクト」とも呼ばれ、孤独や喪失感から生活意欲の低下を引き起こし、風呂に入らなくなったり、ゴミを出すことや掃除を行なうことを放棄してしまうことで部屋の中にゴミが溜まっていってしまいます。精神疾患が関わっていることもありますが、ゴミ屋敷のようになるまで部屋にゴミを溜め込んでしまう方は、助けを求められるコミュニティなどがなく孤立状態の人も少なくないので、原因の発覚が遅れてしまう場合もあります。
また本人に自覚があっても周りに理解されないと感じている場合には自ら孤立することを選んでしまうケースもあるため、ゴミ屋敷問題は片づければ解決するような地域のゴミ問題というだけでなく、人と人とのコミュニティの問題や社会的マイノリティの問題などが複雑に絡み合って出来上がっている問題でもあります。